これから婚活を始める・婚活が上手くいかない男性に向けての情報が満載

プロフィールを見てこれが当てはまったら申し込みは控えましょう!

  • 2020年7月24日
  • 2020年7月24日
  • 未分類
  • 141view
迷える婚活子羊くん
迷える婚活子羊くん
プロフィールを見て申し込もうと思ってるんだけど、これが当てはまったら申し込みを避けたほうがいいっていう条件があったら教えてほしいな。

 

こんな疑問に答えていきます。

 

この記事の流れ
【前半】女性の特徴・真剣度はプロフィールにあらわれている
【中盤】これが当てはまったら申し込みは避ける5つの条件
【後半】年収300万でも1ヵ月に70人とマッチングした筆者の経験談
この記事を書いている私は「32歳で年収300万円以下・転職10回・長男」など婚活では不利な条件を揃えながら、婚活1年半で100人以上の女性とお見合い・デートをし、素敵なパートナーと出会えました。
アプリや相談所で申し込みをする時は大抵は上限があります。
申し込み数をフルに使ってしまったけどデートに至ったのはゼロだったなんてことも多いです。
実際私も経験済み。
今回はそんな筆者が女性のプロフィールを分析し、低年収でも1ヵ月20人とお見合い・デートした方法を体験談を交えて説明していきます。

女性の特徴・真剣度はプロフィールにあらわれている

みなさんは相談所やアプリで女性に対してどのような基準で申し込みを行っていますか。

恐らくほとんどの男性が写真を見て申し込んでいるかと思います。

・笑顔が可愛い女性
・美人な女性
・スタイルが良い女性

実際私も婚活初期はそうでした。

ただ、申し込みを行ってもなかなかデートに繋がらない…..

上記のような女性ばかりに申し込み、数も使いきってしまい、結局月に1件もデートやお見合いが出来なかった….

そんな男性多いですよね。

迷える婚活子羊くん
迷える婚活子羊くん
これって何か原因があったのかな?

 

もちろん自分の実力不足も関係していますが、それ以上に、

最初から結婚への真剣度が低く、デートに行きつく可能性はほんのわずか

だったことが関係しています。

こんな女性を追いかけてはいけません。

デート・お見合いがなかなか決まらず自分自身を必要以上に責めるのはやめましょう。

申し込み相手を変えるだけで成立率がグーんと上がることだってあります。

実はプロフィールには女性の結婚への真剣度があらわれているのです。

いくら本文に、

「真剣に結婚を考えています」

と記載があってもそれは上辺だけの可能性もあるので気を付けましょう。

その為にもプロフィールから真剣度を見極めることが大切です。

これが当てはまったら申し込みは避ける5つの条件

ここからは申し込みは避けるべき条件です。

それでは早速行ってみましょう。

自己紹介文が充実していない

結婚に対しての前向きならプロフィールの自己紹介文も充実しているはずです。

しかし、

自己紹介文がわずか3行とか趣味・仕事について少ししか書かれていない場合は注意が必要です。

これはとても分かりやすいと思います。

仕事に例えると分かりやすいですが、転職を経験された人なら分かると思いますが、履歴書や職務経歴書を5行程度で書いたり、自分の住所を書かないで提出しないですよね?

でも、彼女達は同等の事を婚活で行っています。

迷える婚活子羊くん
迷える婚活子羊くん
そんな人に申し込みをする人が多いのはなぜだろう?

 

やはり外見を重視しているあまり申し込みをしてしまいます。

これがマッチングしてしまうことだってあるから怖いです。

相手も真剣にマッチングさせたわけではなく、遊び感覚でOKしています。

デートに結びつく可能性は低いので、まずは自己紹介文の充実具合を確かめることから始めてみましょう。

人気すぎる

婚活で人気のある女性って存在しますよね?

例えば、

・アプリでいいね数が「500」以上ある
・写真がモデルのような美しい容姿
・年収600万円以上
こんな女性は本当に婚活で人気があります。
しかし、
上記のような女性に申し込みを行うことはあまりおススメしません。
理由は簡単です。
競合が多すぎるから
迷える婚活子羊くん
迷える婚活子羊くん
でもやっぱり男だったら綺麗な女性や人気のある女性と交際してみたいよね。

 

それは非常に分かります。
婚活初期の私もそうでした。
ただ、デートに行きつくものの続かなかったり、返信が遅かったり自分自身が彼女達に振り回される可能性が高いですよ。
特に、アプリだったらいいね数が「300」以上でも避けてもいいくらいです。
300を越えてくるとライバル数も多くなります。
感覚的には、女性がやりとりしている男性が10人以上いると思ってもらうと分かりやすいです。
10人は倍率相当高いですよ。
継続的に週末デート出来る確率も低くなります。
狙い目は100~150くらいがベストです。
約3~5人程度に絞り込めればチャンスはうまれてきます。
高嶺の花を狙うのもいいですが、まずは現実を見てターゲットを絞り込んでいきましょう。

マイペース

プロフィールには自分の性格を書くことが多いですね。

その文章の中で、

・のんびりで「マイペース」な性格です。
・よく友人からは「マイペース」と言われることが多いです。
・「マイペース」なので包容力がある方が理想です。
などどマイペースを主張している女性は注意が必要です。
なぜなら、
基本的に自分中心・最優先なので連絡頻度が遅く、デートを重ねることが出来ません。
迷える婚活子羊くん
迷える婚活子羊くん
マイペースな子ってわがままで天真爛漫で可愛い印象があるけどな。

 

恋愛だったらマイペースな子はいいかもしれません。
しかし、婚活だったら痛い目にあいます。
結婚はお互いが気を配って歩み寄りながら進めて行きます。
どちらかが自己中心な言動が続いてしまえば前には進めません。
送った連絡が2日後に届くって考えられませんよね?
以前は男性の連絡不精が目立ちましたが、最近は女性の連絡不精が目立ち始めてきています。
自己紹介文に「マイペース」とあったらまずは疑ってみましょう。

人見知り

婚活をやっていてどうしてもコミュニケーションが苦手な女性っていますよね。

もちろんそんな女性を批判することはさらさらありませんが、

「人見知り」とうたって、男性にコミュニケーションを一任させる女性とは距離を置きましょう。

ここはとても気付きにくいポイントです。

もう少し分かりやすく言うと、

「私は人見知りだから、あなたから話しを振ったり場を盛り上げる会話をしてね」

と暗に言っているようなものです。

迷える婚活子羊くん
迷える婚活子羊くん
自分勝手で随分高飛車で偉そうな態度だね

 

一緒に居ても疲れるだけですし、何より自分だけ頑張って楽しくないですよね。

上記の女性はサービス精神にも欠けるし、結果交際に至ってもお金も時間もムダにするだけなので、早くから見極めることが必要です。

プロフィールに「人見知り」とあったら注意しましょう。

求める条件が多すぎる

自己紹介文に男性に求める条件を記載する欄がありますが、

求める条件があまりにも多い女性には申し込みを行うのを控えるのが得策です。

大抵の女性は社交辞令も含めて「人柄重視」と記載することが多いのですが、

・年齢は30歳前後まで
・面白くてリードしてくれる男性
・博識で仕事に誇りを持ってる人
などなど4つも5つも条件を並べている女性はたくさんいます。
上記の女性と交際経験があるのですが、特徴として、
自分の枠から外れる事を極端に嫌い、外れた途端子供のようにすねたりふてくされたりしますよ。
迷える婚活子羊くん
迷える婚活子羊くん
自分の許容範囲が狭いから、いざ想定外のことが起きると対応できないから子供みたいな態度を取っちゃうんだね。

 

その通りで、交際しても何の得もないですし、条件が多すぎる女性が婚期が遅れる理由も分かりますね。
求める条件が多い女性は注意が必要です。

年収300万でも1ヵ月に70人とマッチングした筆者の経験談

アプリでも相談所でも申し込みには上限数があります。

もちろんお金を払えば上限数を伸ばすシステムもありますが、どうせなら少ない費用で婚活を進めたいですよね?

その場合は、「誰に申し込んだほうがいいか?」よりも「誰に申し込んではいけないか?」という軸で申し込んでいくとマッチング率も上がりやすいです。

私も婚活初期はやみくもに申し込んでいたので、1月のマッチング数は1・2人でした。

マッチングしてもデートにこぎつけられなければ意味がないので、最悪月に誰ともデートしないなんてこともありました。

それが経験と研究を重ねて一月最高70人とマッチングするまでに至っています。

もちろん婚活を継続していくとプロフィールから、

「この人には申し込んじゃいけないな…」

という感覚が身に付いてきます。

この感覚が婚活では非常に重要ですね。

是非今回の記事を参考に申し込みを行ってみてもらえると嬉しいです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

プロフィールを見て申し込みを控えるポイントは以下です。

※女性の特徴・真剣度はプロフィールにあらわれている

○これが当てはまったら申し込みは避ける5つの条件
・自己紹介文が充実していない
・人気すぎる
・マイペース
・人見知り
・求める条件が多すぎる

申し込みを行う時は写真や容姿も大事ですが、今回のポイントを意識してみてください。
最新情報をチェックしよう!