これから婚活を始める・婚活が上手くいかない男性に向けての情報が満載

好きな女性と電話で仲良くなりたい!距離を縮める7つのポイント

  • 2020年11月23日
  • 2020年11月22日
  • 未分類
  • 148view
迷える婚活子羊くん
迷える婚活子羊くん
ラインだけじゃなくて電話でもっと好きな女性と仲良くなりたいんだけど、ポイントがあれば教えてほしいな。

 

こんな疑問に答えていきます。

 

この記事で分かること
・ラインとあわせて電話を効果的に使って仲良くなろう
・好きな女性と電話で距離を縮める7つのポイント
・【経験談】好きな女性と気軽に電話できる仲になれれば脈あり!
この記事を書いている私は「32歳で年収300万円以下・転職10回・長男・実家暮らし」など婚活では不利な条件を揃えながら、婚活1年半で100人以上の女性とお見合い・デートをし、素敵なパートナーと出会えました。

ラインよりも電話のほうが女性と仲良くなれるよ!

婚活や恋愛ではよく言われますよね。

しかし、そう言われても具体的な電話のポイントって教えてくれません。

今回はそんな好きな女性と電話で距離を縮めるポイントを紹介していきます。

是非参考にしてもらえると嬉しいです。

ラインとあわせて電話を効果的に使って仲良くなろう

女性との連絡手段ってほとんどの男性はラインですよね。

自分から電話をかけようとおもうことってあまりないはずです。

しかし、好きな女性ともっと仲良くなりたいなら、

電話を使えばさらに仲良くなって付き合う確率もグーンとあがります。

連絡手段をラインに偏らせないほうがいいということです。

迷える婚活子羊くん
迷える婚活子羊くん
ではなぜ電話を使えばさらに仲良くなれるのかな?

 

はい。仲良くなれるその理由は、

・女性は会話で共感をえたい
・文面よりもリアルタイムで近況を共有できる
・男性のおもいが伝わりやすい

などがあります。

ラインにはないメリットがありますね。

そして、冒頭のとおり、ほとんどの男性がラインを使っているので差別化できます。

電話をうまく使えば他の男性よりも一歩抜け出せるということです。

迷える婚活子羊くん
迷える婚活子羊くん
でもただ電話すればいいってわけではないと思うし、何かポイントがあるのかな?

 

はい。ポイントは以下です。

・メモを用意しておく
・時間は30~40分がちょうどいい
・聞き手にまわる
・否定をしない
・聞きとりやすい場所で通話する
・開始時間を打ち合わせしておく
・デートに誘っていなければ誘う

詳しい内容はこの後説明していきます。

好きな女性と電話で距離を縮める7つのポイント

ここからは好きな女性と電話で距離を縮めるポイントを紹介していきます。

それでは早速いってみましょう。

メモを用意しておく

会話が苦手な男性って電話を嫌がる傾向があります。

しかし、会話が苦手な男性だからこそ電話を効果的に使っていく価値があるのです。

その理由として、

電話は会話と違ってメモを見ながら話すことができる

からです。

電話ってたしかに怖いです。

電話が男性に敬遠されてしまう点としては、

・何を話せばいいか分からない
・会話が途切れて沈黙の時間が続くのが怖い
・話す予定の内容を忘れてあたふたしてしまう

などがあります。

それを全て解決できるのがメモです。

私は婚活に慣れてきた頃でも電話で話すときはいつも緊張していました。

そんな時いつも大活躍だったのがこのメモです。

迷える婚活子羊くん
迷える婚活子羊くん
メモにはどんなことを書いておくの?

 

はい。メモには以下のことを書いておきます。

・自分が話す内容
・相手に聞く内容
・女性のおおまかなプロフィール

あとはそのメモに従って通話するだけです。

もちろん予定外の会話になることもあるのですが、その時はまた次回にそのネタを持ち越します。

メモはお守りとしての効果も高いので、書いておくだけで安心しますね。

メモを使用している男性はほとんどいませんので、使用して他の人と差をつけてみましょう。

時間は30~40分がちょうどいい

電話をする時に大きな悩みのタネになってくるのが通話時間です。

どれくらいの時間話せばちょうどいいのかよく質問がありますが、

好きな女性との電話は30~40分が理想

です。

この長くもなく短すぎない時間がポイントになります。

実は30~40分はここからが一番盛り上がりやすいという時間帯。

その時間帯であえて通話を終了することが大切です。

迷える婚活子羊くん
迷える婚活子羊くん
でもあえて30~40分で通話を終了させるのかな?

 

はい。これには女性心理が関係しています。

・もっと話したかったな
・すごく楽しかったから週末のデートも楽しみ
・A君の事もっと知りたくなってきた

などど思ってもらうことができますね。

これが1時間だともうお腹いっぱいになり、電話で満足してしまいます。

次に繋げる効果が期待できませんので1時間はおススメしません。

逆に15~20分は短すぎてお互いを知る時間が足りないです。

上記の理由からベストは30~40分になります。

聞き手にまわる

もし自分が何を話せばいいか分からない、話すことに自信がない場合は、

電話では聞き手にまわって好きな女性にたくさん話してもらいましょう。

電話は緊張しますよね。

しかし、対面よりは緊張しないはずです。

それは相手の表情や仕草が見えず情報が少ない分、緊張感がやわらぎます。

女性も対面よりは緊張感はやわらいでいるのでより話してくれるはず。

迷える婚活子羊くん
迷える婚活子羊くん
では女性にはどんなことを聞いていけばいいのかな?

 

はい。例えば、

・最近仕事はどう?
・こないだ話してた話題のカフェはどうだった?
・これから行きたい旅行先はどこ?

など日常的な会話を投げかけてみることが大切です。

また、聞き手にまわる時のコツとして、

「はい」「いいえ」でこたえられる質問ではなく、自由にこたえられる質問をしていきましょう。

例えば、

What (何が)
Where (どこで)
When (いつ)
Who  (誰が)
Why  (なぜ)
How  (どのように)

を使用して女性がこたえやすく、より深堀しやすい質問をしていくことが重要です。

会話をする際、これを意識していると電話だけではなく、対面でも会話が盛り上げやすくなります。

まずは聞き手にまわることと、自由にこたえられる質問を意識してみましょう。

否定をしない

どうせだったら電話では好きな女性に気持ちよく話してもらいたいですよね。

そのためには、

女性が話をはじめたら否定はしてはいけない

ということです。

女性は会話する相手に共感を求めます。

なにも相手に回答や正論を求めているわけではありません。

ただ話を聞いてほしいのです。

ここが男性と女性の会話の中身の違いですね。

迷える婚活子羊くん
迷える婚活子羊くん
男性の会話は相手にアドバイスを求めたり、共感よりも結果を求めた会話になるよね。

 

はい。普段女性と話す機会が少ない男性は、仕事の延長にならないように注意が必要です。

ですので、たとえ女性の意見に否定したくなってもまずは、

「そうだったんだ」

「そうだよね」

などクッション言葉を使って肯定してあげることが大切です。

女性はそんな話を肯定的に聞いてくれた相手に好意を持ちます。

また電話したい気持ちが芽生えてくるでしょう。

もちろんただ肯定していればいいのではなく、間違っている事は指摘してあげることも大切です。

その時は、クッション言葉を使ってから、

・自分は~だと思う
・~したほうがいいと思う
・~したほうがAちゃんのためだよ

と柔らかく指摘してあげましょう。

くれぐれも「~したらダメだよ」と頭から否定する言葉は使わないようにしましょう。

女性は頭ごなしに叱られる事は一番嫌がります。

感受性が強く言葉で受ける印象が男性よりも強いことが理由になります。

まずは否定せず肯定する広い心を持って話しを聞いてあげましょう。

聞きとりやすい場所で通話する

せっかく好きな人と電話できたのに、電車の音や地下にいたことで通話がまともに行えないことがあります。

電話をする場合はお互いの声が聞き取りやすい場所で行いましょう。

自分では気付かなくても自然と聞き取りにくくなっている場合があるので注意が必要です。

電話の声が聞き取りにくいことはお互いにとってストレスになります。

迷える婚活子羊くん
迷える婚活子羊くん
いちいち聞き返すのも嫌だよね。

 

はい。聞き返すことも無駄な労力。

意外と通話する場所に目を向けていない人が多いです。

せっかく好きな人と電話の機会を得られたなら、聞きとりやすい場所で通話しましょう。

開始時間を打ち合わせしておく

何の前ぶれもなくいきなり相手に電話を掛けるのはNG。

お互いの仲が深まるまでは開始時間は打ち合わせしておくことが大切です。

事前に都合のいい時間帯を相談して、その時間になったら男性から電話をかけましょう。

迷える婚活子羊くん
迷える婚活子羊くん
では女性にはどんな提案をすればいいのかな?

 

はい。例えば、

・20時になったらこっちから電話掛けるね
・明日の21時から少し電話で話したいんだけどどうかな
・22時から30分くらい話したいな

このように開始時間を決めておけばお互い心の準備もしやすいです。

女性にも誠実さが伝わりますね。

好きな女性に電話するときは、開始時間を打ち合わせしておくことが大切です。

デートに誘っていなければ誘う

好きな女性と電話をするときに次回デートが決まっていないときがありますよね。

そのときは、

おもいきってストレートにデートに誘いましょう。

電話が終わった後にラインで誘うのももちろんいいです。

しかし、

電話でストレートにデートの誘いを受けた女性は何倍も嬉しい。

そもそも電話で話せる関係になっているのですから、次回デートはほぼOKをもらえます。

迷える婚活子羊くん
迷える婚活子羊くん
だったらラインではなくて電話で次回デートに誘ったほうがいいよね。

 

 

はい。電話で誘いを受けなかった女性は、男性に気持ちが冷めてその後フェードアウトされる可能性だってあります。

それくらい婚活はスピード勝負。

後悔したくなかったら電話でストレートにデートに誘いましょう。

【経験談】好きな女性と気軽に電話できる仲になれれば脈あり!

好きな女性と付き合いたい!

でもまだ脈ありなのかどうかわからない…

そんなときは好きな女性と気軽に電話できるかどうかを確認しましょう。

これはすごくわかりやすいですが、女性は好きでもない男性と長々とおしゃべりなんてしたくありません。

そんな時間があったら映画観たり、ネイルしたり自分の時間に使いたいわけです。

なので、

4・5回も電話できる仲になれれば脈あり

です。

私も実は電話はそこまで好きではありません。

しかし、効果が高いと知ってからは婚活では多用していました。

経験上、1・2回の電話はその男性が好きでなくても女性はOKします。

まだお互いをよく知らないので、社交辞令で対応するのです。

ところが、4・5回となれば話は別。

女性もその男性に好意がある証拠ですね。

ですので、気になる女性にはどんどん電話の提案をしていきましょう。

回数を重ねていけば交際に発展していくはずです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

以下、好きな女性と電話で距離を縮めるポイントです。

※ラインとあわせて電話を効果的に使って仲良くなろう
 
・メモを用意しておく
・時間は30~40分がちょうどいい
・聞き手にまわる
・否定をしない
・聞きとりやすい場所で通話する
・開始時間を打ち合わせしておく
・デートに誘っていなければ誘う

電話は少し恥ずかしいですが、慣れてしまえばおてのもの。

この機会に是非電話を使ってみましょう。

最新情報をチェックしよう!